『産後の骨盤矯正』&『産後整体』


妊娠中はリラキシンという骨盤を開かせる、(関節を緩める)女性ホルモンが分泌され、
出産がスムーズにできるようにしています。

 

通常、腰椎は前に前湾しているのですが、お腹が大きくなるにつれ、腰椎が後方に押されまっすぐの棒状になり腰部筋肉に張りが出て腰痛が出やすくなります。

 

又、骨盤の角度が変わる事により、デン部(おしり)の形が産前と産後では多少変化します。当店では産後の骨盤矯正に関しては、目安として自然分娩で3ヶ月後・帝王切開で6か月後・無痛分娩で2か月後から施術致します。尚、痛みがある場合は落ち着くまでは施術を控えさせてもらいます。

 

『産後整体・骨盤矯正のメリット』
骨盤矯正は、骨盤を本来の状態に戻す方法を指します。骨盤を元に戻すと、歪みによって生じていたさまざまな症状、例えば 肩こり、背痛、腰痛、足のむくみ、冷え性、便秘、生理痛などの不快な症状を改善することができます。

 

他にも、広がっていた腰回りがスリムになり、肉がつきにくくなるので、肥満予防にも効果的です。特に女性にとっては、子宮・卵巣に負担がかからなくなり、女性ホルモン作用が正常に戻るため、肌荒れの解消も期待できます。便秘が解消されれば、老廃物の排除による美肌効果も得られます。

 

また、骨盤を矯正すると、血液やリンパ液の流れが改善され、新陳代謝が活発になります。新陳代謝による脂肪燃焼効果はダイエットにも繋がります。

 

 

 【余談】

※産後の骨盤矯正が、特に多く御来院頂いているのでちょっと耳より情報を、お知らせしたいと思います。産前産後はリラキシンホルモン分泌量により、骨盤が広がる訳ですが、当店のHPにも紹介しているので、省きますが、他にも沢山ホルモンが分泌しているものがあります。それは、男性ホルモンで知られているテストステロンです。妊娠6週から24週くらいまで、大量に分泌され女性的特徴を失う。とウェキペディアで示されております。

このテストステロンが多量に分泌されますと、簡単に言えば、ちょっと攻撃的になったり、人との交流をさけたりと、心理的作用がある訳です。そんな中、旦那様は、この周期に、妊婦さんのイライラを受け止めなければいけません。そんなご経験をされている方も多いのではないでしょうか?妊婦さんをお持ちのご主人様、ご安心ください♪

 

あくまでも期限付きで、奥様の本位ではないのです。ホルモンのせいと、理解して、産前産後を、楽しんで下さいね♪