歯科医との連携治療で成果をあげているものがありますのでお知らせ致します。

 

歯科矯正を考えている方、及び すでに行っている方に、必見ですが、通常、歯科矯正(矯正歯科)2年から3年かかると言われていますが、頸椎周囲の筋肉の強張りや、顎関節の歪みやコリが原因で、矯正がさらに長引くなることが多くあります。

 

頸椎の歪みは椎骨動脈や頸動脈の血流障害をおこし、毛細血管までの流れが阻害され、細胞への悪い影響があると言われています。また末梢神経への悪影響も同時併発しますので、シビレや痛みの出現されることもおこります。

 

当院では、頸椎・顎関節・頭蓋骨の歪みをとることと、その周囲の筋肉群を柔らかくすることにより、23年かかる歯科矯正を、約10か月から1年で治療を終えられる方がとてもとても多いです。うそのような話ですが、実際に実績を積んでおり ます。どうぞ院長高木まで御相談ください。